アンチエイジング成分

NMNとは、β-ニコチンアミド・モノヌクレオチドの略で(NMN、β-NMN、β-Nicotinamide Mononucleotide)、加齢に伴い減少する生体内物質NAD+(即ちニコチンアミドアデニンジヌクレオチド、コエンザイム1)の最も直接的な前駆体とされています。補酵素NAD+は、数千種類の細胞の新陳代謝反応に広く関与しており、人体の生命力を活性化する重要な物質と考えられております。

NMNは、体内に取り込まれると、NADに変わります。

NADとは何でしょうか?

NADは、「ニコチンアミド・アデニンジ・ヌクレオチド」の略で、NAD⁺と表記されることもあります。

NADは、サーチュイン遺伝子と呼ばれる長寿遺伝子の燃料になる、サーチュイン活性化化合物「STAC」、そのサーチュイン活性化化合物の一つです。

NADの凄い所は、他のSTACにはない、7種類あるサーチュイン全ての活動を高めてくれるんです。

NADは、ナイアシン(ビタミンb3)から、生成されます。

これが酷く欠乏すると、皮膚炎、下痢、認知症、皮膚のただれなどが生じ、放置すれば死に至ります。

そして、NADがなければ、私たちは30秒も生きていられないという、私たちの命に必要不可欠な物質です。

そのNAD濃度が年齢とともに 低下する(老化) ことも分かりました。

そこで、NAD濃度を高めることで、命の源のようなサーチュイン遺伝子を活性化させ、

若々しい健康的な体を維持する事が、現在世界中で注目を浴びて、研究されてます。

10代後半をピークに減少するNAD+

NAD+は全ての生き物の体内に存在し、若さと健康維持に影響を与えていますが、10代後半をピークに減少していきます。

さらに40代になるとピーク時の半分まで減少してしまうことで、若々しさが失われてしまいます。

NAD+が不足することで若々しさが失われてしまうだけでなく、糖尿病などの疾病の原因になることが知られています。

NMNでNAD+を増やして若返り?

本当にほしいのはNAD+なのです。

しかし、NAD+分子量が大きくそのままの形では、体のいたるところに直接届けることが難しいと考えられていました。

体内のNAD+濃度を上げる方法として、NAD+の原材料であるNMNを補うことが効果的とされています。

若返り成分NMNは、体内に吸収されたのち全身の隅々に届けられることでNAD+という物質に変換されます。

NAD+はすべての生物のいたる細胞に存在しています。エネルギーを調整する酵素の働きをサポートしたり、身体の機能の保つ役割をもちます。体の環境や、代謝アップ、環境改善をサポートすることで、若々しく健康でいられるとされています。

前の記事

よくある質問