世界の研究者が注目するNMN

※以下、著者 デビッド・A・シンクレア、マシュー・D・ラプラント
2020年10月2日発行「LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界」日本語版から引用。
 
現状よりはるかに長く、はるかに健康に生きるために、老化を遅らせ、食い止め、場合によっては部分的に若返りを図ることだって夢ではない。どうすれば老化と闘えるのか。老化に対する見方を根本から改めさせるような科学的処置とはどういうものか。
老化は身体機能を衰えさせ、生活の質を落とす。老化の特徴に一つ一つ取り組んでいけば、たぶん私たちの暮らしにプラスの変化をもたらせるだろう。
 
遠くない将来であればたぶん話は別でが、現状ではまだ老化に対する理解が進んでいない。
誰であろうと、どこに住んでいようと、何歳であろうと、どれだけの収入があろうと関係はない。人がより長く健康に生きる未来が来ることに変わらない。そこにたどり着くことができたら、人類の進化における一大転換点となるだろう。
 
今現在、地球に暮らしている人のほとんどは、100歳まで届くのを十分に期待していい。120歳は今のところ寿命の上限とされているが、開発中のテクノロジーが実を結べば、多くの人がその年齢まで、しかも健康な状態で到達する可能性がある。
世界に目を転じれば、十数か所の独立した研究センターが同じ謎の解明に向けて力を注いでいる。
 

著者紹介
デビッド・A・シンクレア(David A. Sinclair)
現在ハーバード大学大学院のプラヴァトニク研究所に属し、同大学のポール・F・グレン老化生物学研究センターの共同所長、ニューサウスウェールズ大学兼任教授および老化研究所責任者、ならびにシドニー大学名誉教授を務めている。
これまでに35の賞や栄誉を授与されている。その主なものには、「オーストラリアを代表する45歳未満の科学者」の一人に選出、オーストラリア医学研究賞受賞、アメリカ国立衛生研究所長官パイオニア賞受賞、『タイム』誌による「世界で最も影響力のある100人」の一人に選出(2014)、「医療におけるトップ50人」の一人に選出(2018)などがある。2018年、医療と国家安全保障に関する研究が認められ、オーストラリア勲章を受章。

NMNの論文資料 

2011年
Nicotinamide mononucleotide, a key NAD+ intermediate, treats the pathophysiology of diet- and age-induced diabetes in mice
マウスの食事および加齢に起因する耐糖能障害に関する実験を実施
Jun Yoshino,
Kathryn F. Mills,
Myeong Jin Yoon,
Shin-ichiro Imai
https://www.ncbi.nlm.nih.gov

2013年
Cellular Senescence in Yeast Is Regulated by rDNA Noncoding Transcription
サーチュイン遺伝子がゲノムの安定化
Kimiko Saka,
SatoruIde,
Austen R.D.,
Ganley,
Takehiko Kobayashi
https://www.sciencedirect.com

2014年
A rise in NAD precursor nicotinamide mononucleotide (NMN) after injury promotes axon degeneration
NAD前駆体ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の上昇は損傷後軸索変性を促進する
M Di Stefano,
I Nascimento-Ferreira,
G Orsomando,
V Mori,
J Gilley,
R Brown,
L Janeckova,
M E Vargas,
L A Worrell,
A Loreto,
J Tickle,
J Patrick,
J R M Webster,
M Marangoni,
F M Carpi,
S Pucciarelli,
F Rossi,
W Meng,
A Sagasti,
R R Ribchester,
G Magni,
M P Coleman,
L Conforti
https://www.nature.com

Nicotinamide Mononucleotide, an Intermediate of NAD+ Synthesis, Protects the Heart from Ischemia and Reperfusion
老化の関連性が示唆される虚血・再灌流から心臓を保護する手段としてNMNを支持
Takanobu Yamamoto,
Jaemin Byun,
Peiyong Zhai,
Yoshiyuki Ikeda,
Shinichi Oka,
Junichi Sadoshima
https://journals.plos.org

2016年
Reversing vascular deterioration in aged mice
老化マウスにおける血管劣化の逆転
L. Bryan Ray
https://science.sciencemag.org

Long-Term Administration of Nicotinamide Mononucleotide Mitigates Age-Associated Physiological Decline in Mice
NMNの長期投与(12ヶ月)によって、加齢に伴う生理学的低下を軽減させた研究を発表
Kathryn F Mills,
Shohei Yoshida,
Liana R Stein,
Alessia Grozio,
Shunsuke Kubota,
Yo Sasaki,
Philip Redpath,
Marie E Migaud,
Rajendra S Apte,
Koji Uchida,
Jun Yoshino,
Shin-Ichiro Imai
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

NAMPT-Mediated NAD+ Biosynthesis in Adipocytes Regulates Adipose Tissue Function and Multi-organ Insulin Sensitivity in Mice
脂肪細胞特異的NamptノックアウトマウスにNMNを投与
https://www.sciencedirect.com

2017年
NMN Deamidase Delays Wallerian Degeneration and Rescues Axonal Defects Caused by NMNAT2 Deficiency In Vivo
NMNデアミダーゼはWallerian変性を遅延させ,NMNAT 2欠損に起因する軸索欠損を修復する
Michele Di Stefano,
Andrea Loreto,
Giuseppe Orsomando,
Michael P. Coleman,
Jonathan Gilley,
Laura Conforti
https://www.cell.com

NAD+ Intermediates: The Biology and Therapeutic Potential of NMN and NR
NAD+の中間体:NMNとNRの生物学と治療可能性
Jun Yoshino,
Joseph A. Baur,
Shin-ichiro Imai
https://www.cell.com

2018年
Therapeutic Potential of NAD-Boosting Molecules: The In Vivo Evidence
NAD増加によって治療の可能性:体内の証拠
Luis Rajman,
Karolina Chwalek,
David A. Sinclair
https://www.cell.com

2019年
Boosting NAD+ with a small molecule that activates NAMPT
NAMPTを活性化する小分子を用いたNAD+のブースティング
Stephen J. Gardell,
Meghan Hopf,
Asima Khan,
Mauro Dispagna,
E. Hampton Sessions,
Rebecca Falter,
Nidhi Kapoor,
Jeanne Brooks,
Jeffrey Culver,
Chris Petucci,
Chen-Ting Ma,
Steven E. Cohen,
Jun Tanaka,
Emmanuel S. Burgos,
Jennifer S. Hirschi,
Steven R. Smith,
Eduard Sergienko,
Anthony B. Pinkerton
https://www.nature.com